So-net無料ブログ作成
検索選択

職務発明 事例

職務発明の事例はどんなものか?気になりますね

実は、特許庁で知的財産権の活用企業事例等、情報公表されているのはご存じですか?

成長の鍵となる知的財産関連キーワードも明記されています。
「がんばろう日本!知的財産権活用企業事例集2012 ~知恵と知財でがんばる中小企業50の物語~ 」

自分が持ってる職務発明の権利がどのような事例にあたるのか?
10年で時効切れになる前に専門家に相談するのが1番の早道です。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

職務発明 対価

職務発明の対価はどれぐらいになるか、が気になるようでしたら早めに特許相談をしたほうが良いです。

なぜなら、何回も書いてますけど、時効が10年だからです。

職務発明の対価について解決するための相談サイトや専門の技術系弁護士がいる弁護士事務所に相談してみましょう。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

職務発明 補償金

職務発明した場合、企業や会社からは褒賞金が与えられますが、納得できない金額がほとんどではないでしょうか。

確かに、会社の業務や研究開発によって発明された場合などが多く、資金提供があってこその発明とも言えます。
ただ、事前継承といって「職務中の発明について特許を受ける権利は発明者に帰属するのが原則」となっています。

話題になった青色発光ダイオード(青色LED)の件では、職務発明における相当対価として8億4千万で和解となりました。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

職務発明 規程

会社や企業に勤めながら発明した場合、職務中に発明したということで対価請求できる可能性があります。

でも10年で時効になりますので、請求は早めに専門家に相談しましょう。

職務発明の規程についても専門弁護士に聞くのがいちばんですね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

track feed 職務発明

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

SEO対策テンプレート

職務発明

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。